恋肌のローションと他社ローションとの比較&お肌の乾燥を防ぐコツ

MENU

恋肌(旧ラヴォーグ)のローションと他社ローションとの比較&お肌の乾燥を防ぐコツ

脱毛後のお手入れにお使い下さいとの事で、ラヴォーグのローションを契約時にいただきました!
ラヴォーグのローションは、、『リセル・ボーテ エピローション(スキンローション)』というもので、容量は100mlとなっています。
価格はボトルに記載されていますが、5,000円です。

 

成分は、潤い成分のEGF(ヒトオリゴペプチド-1)、ヒアルロン酸、コラーゲンが配合されており、贅沢な印象を持ちました!
使用感としては、さっぱりとした軽い化粧水という感じですが、潤い成分が効いているせいか、しっかり乾燥を防いでくれました。

 

私は、足が特に乾燥するのですが、乾燥が一気になくなり、とても使いやすかったです。
また、べたつき感がない点もポイントが高いと思いました。

 

一つ気になる点としては、100mlという少ない容量のわりに5,000円と値段が高い事です。

 

こちらが、ボトルの全体です。スプレーボトルとなっています。
ボトルの下側にLa Vogueのロゴが入っています。

ラヴォーグローション全体

 

こちらがボトルの裏側の表示です。
株式会社ピュール製造、日本製となっています。
値段は税抜き5,000円です。

ラヴォーグローション裏側

 

手のひらに出してみました。
透明の液体でさらっと軽い水のような感触です。

ラヴォーグローション手に出す

 

ミュゼやキレイモのローションはどんな感じ?

ミュゼのミルクローション

『S.S.Cミルクローション』 200ml 2,000円(税抜)
とろっとした白色のミルクで、無香料と香料のあるタイプが数種類あります。
値段も手ごろな感じで、ローションの軽い感触よりも、とろっとした感触が好きな方にはおすすめ。
ミルクタイプなので、軽くマッサージしながらお肌になじませられるという点も良いと思います。
低刺激処方になってるので、お肌が敏感な方へもおすすめできます。
こちらのミルクローションは、ミュゼの店頭か、ミュゼ会員サイトのみでの販売となっていますので、残念ながらミュゼ会員以外の方は購入できません。

ミュゼのミルクローション

 

キレイモのローション

『キレイモ ナチュラルローションモイスチャー』 400ml 1800円(税抜)
キレイモのローションは、プレータイプで使いやすく、ラヴォーグのローションと比較すると少しとろみがあります。
お値段は、ラヴォーグ、ミュゼと比べて一番安く、1,800円(税抜)です。
しかも量は、一番多い、400ml!大容量でたくさん使っても気にならないのがいいですね♪

キレイモナチュラルローションモイスチャー

 

11種のフリー処方
動物由来原料・シリコーンフリー・石油系界面活性剤フリー・鉱物油フリー・法定色素フリー・パラベンフリー・フェノキシエタノールフリー・サルフェートフリー・香料フリー・紫外線吸収剤フリー・アルコールフリー

 

保湿成分
ローズ水・チシマザサ水

 

引き締め成分
フランスカイガンショウ樹皮エキス・オランダセンニチ花エキス

 

何と言ってもおすすめポイントは、11種のフリー処方です。安心して使えるローションとなっています。
こちらのキレイモのローションは、キレイモ会員以外でも一般の通販サイトで購入可能です。
msh(エムエスエイチ)公式サイト

 

成分が良く、コストパフォーマンスもばっちりですから、ラヴォーグのローションが高額で続けるのは、難しいなぁ〜!と思う方には、キレイモのローションは良いかもしれません。

お肌が乾燥するとなぜ脱毛できない?

お肌が乾燥した箇所の施術は受けられなくなっています。
ラヴォーグでも、乾燥している部分には厳しく、乾燥している部分は避けて照射となります。
せっかく施術をしてもらっていて、これは非常にもったいない事ですので、乾燥には注意した方が良いと思います。

 

でもなぜ、乾燥していると、脱毛ができないのでしょうか?

 

理由としては、まず乾燥していると、お肌が正常な働きをするのが難しく、バリア機能が低下しているので、施術時に痛みを感じやすくなるからです。
また、施術は多少の炎症をともないますのでさらにお肌が乾燥し、かゆみや赤み、ぶつぶつの原因になったりして悪循環に陥ってしまうからです。

 

安全にトラブルなく、施術をすすめていくためには、乾燥は絶対にNGなのです!

日焼けも厳禁
日焼けは肌内部に炎症が起きている状態なので、日焼け箇所には施術できません。脱毛期間中は日焼けを防ぐために、日焼け止めはもちろんの事、日傘や帽子、UVカーディガン、アームカバー等で日焼けを防止しましょう。

お肌の乾燥を防ぐ生活習慣をまとめました

毎日の保湿ケアのほかに気をつけたいポイントを簡単にまとめたいと思います!

 

睡眠不足にならないようにする

お肌のゴールデンタイムをご存じでしょうか?お肌を正常に保つためには、ゴールデンタイムである22時から2時にぐっすりと眠っていると効果的です。毎日続けるとお肌のターンオーバーを促進させ、乾燥肌も気にならなくなってきます。

 

荒れた食生活を改善する

食生活の改善は体の健康にも良い影響をもたらしますが、お肌の回復力を高め、すべすべ肌に導くためには食生活も重要なポイントです。現代の忙しい生活の中で、つい頼ってしまう外食やファーストフードやコンビニ弁当。これらは、添加物が多く、健康にも不可欠なたんぱく質やビタミンが不足がちになります。特にたんぱく質が不足すると、お肌のターンオーバーが崩れてしまい、肌トラブルの原因となります。

 

洗いすぎには注意

熱いお湯につかりすぎたり、石鹸でごしごし洗ったりすると、お肌に必要な皮脂まで洗い流されて、乾燥肌がひどくなっていしまいます。乾燥が気になるときは石鹸で洗うのは避け、シャワーだけにするのも良いと思います。お風呂上りは必ず保湿を行ってください。

 

お肌に刺激を与える衣服や寝具に注意

ウールやポリエステルなどといったお肌に刺激を与える素材を使った衣服や寝具はなるべく使わず、コットン100%のものを選びお肌を乾燥から守りましょう。特に寝具は寝ている間に肌がかゆくなってしまい、知らず知らずのうちにかきむしったりして、お肌に刺激を与えてしまうリスクもありますので注意して下さい。

 

お肌の保湿と乾燥を防ぐ生活を送り、効果的に脱毛ができるように心がけていきましょう!

 

恋肌(旧ラヴォーグ)脱毛【口コミBEST版】予約〜施術効果を実況中!